読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろっちの雑談

ふつリーマンの備忘録

有村架純&伊藤英明、禁断“不倫”ショット

あの神マンガ、3月のライオンが映画化することが
決まってますが、

実写だけに出演している俳優さんたちの
演技が気になりますね。

その中でも桐山零くんの義理のお姉さんを演じる
有村架純さんが、不倫しているシーンが
公開されました。

お相手は桐山君の義理のお父さんの兄弟子で
演じるのは伊藤英明さん。

気になるお二人の不倫シーンが公開されたのですが、
さすがです。

実写化は嫌いなわけじゃないのですが、
このシーンはマンガの中にあっても
おかしくないほど、はまってます。

最近の有村さんはNHKのドラマで清純派を演じられてますが、

この幸田家の長女・香子(作中)は、気性が激しく、

零に八つ当たりするシーンなどがマンガにはあり、

映画で有村さんがどう演じてるのか気になります。

作中の伊藤さんが演じる後藤もどちらかと言えば気性が荒く
その裏実は、入院中の奥さんが気になって仕方がない弱い部分もあり

これも伊藤さんが演じる後藤がどうなのか見物です。

すでに3月18日から公開されている3月のライオン

早く観に行きたいです。

外務省、韓国渡航で注意喚起

11日に外務省は北朝鮮が、核実験や弾道ミサイル発射を
繰り返していることについて、

邦人への情報を発表しました。

「韓国への滞在・渡航を予定している方、すでに滞在中の方は
最新の情報に注意してください」

とするコメント、海外安全情報(スポット情報)を発信。

「直ちに邦人の安全に影響がある状況ではない」としていますが、

米軍が朝鮮半島近海へ空母を急派しており、

緊張が高まっていることなどからも只ならぬ感じになっている。

スポット情報とは、短期的に危険が高まった地域への注意を促すもので、

3カ月未満の滞在には外務省への旅行登録、

3カ月以上の滞在には在留届の提出をそれぞれ呼び掛けています。

外務省によると、最近では、韓国の朴槿恵前大統領弾劾に伴うデモや

ロシア・サンクトペテルブルクでのテロに際して発出しました。

今回の核・ミサイルを理由とした注意喚起は今までの中でも

異例中の異例で、韓国に行くのは控えたほうがいいと思う。

 

いびきの改善ケアに役立つアイテム

いびきの一番は周りの人に迷惑をかけること。

嫁から別々に寝て欲しいと言われたり、
子供から怒られたり、

本人は悪くないのに、
本当に嫌な思いしかしませんよね。

いびきの原因は気道がふさがることなので、
それを改善するのが一番の近道です。

低反発の枕とか売れてますが、

低反発だと頭が沈んで寝心地はいいけど、

いびきの改善には効果が薄いそうです。

いびき改善ケア枕の天使の寝息は、

素材がウレタンで寝返りを打っても
頭が元の位置に戻ってきて、

気道の確保もできるので、

いびき改善にはもってこいのアイテムです。

気になった方は試してみてはいかがですか?

⇒いびき改善ケア枕 天使の寝息はコチラ

ワンオク女性客ら搬送

千葉の幕張メッセで開かれていた、

ワンオクのライブで「客が負傷した」と
119番があった。

約50人ほどが熱中症のような症状を訴えた。

救急隊が出動し、うち女性客ら約0名が病院に搬送されましたが

重症者がいないそうだ。

千葉県警の話しによると、

会場では、最近話題の人気バン

「ONE OK ROCK」のコンサートが開かれていました。

約1万8000人が来場していたコンサートは、
21時まで行われた。

当日会場に来ていた40代の女性は、

「ものすごい勢いで後ろから押された。空気が薄くて湿度も高く、
意識がなくなりそうになったので退出した。
序盤だったが救護室には30人ぐらいはいた」

と話しています。

ライブ中にメンバーが舞台上から「水分取ってる?」と
声をかけ、お客さんを気遣っていたそうです。

確かにライブは熱中症になりやすいくらい暑いし
大きい会場でもみ合いになると会場から出れないのも
大変ですよね。

最近は暑くなってきたし気をつけたほうがいいですね。


攻殻機動隊、新作アニメ製作開始

アニメーション会社のProduction I.G

攻殻機動隊の新作アニメーションの製作が
決定したことを発表しました。

今回の作品は、ゴーストインザシェル、スタンダードアローン
コンプレックス、イノセンス、ARISEに続いての最新作。

監督は、士郎正宗原作のアニメーション作品の監督を経験した、

神山健治氏で、氏はスタンダードアローンシリーズを担当し、

荒牧伸志氏は、アップルシードの監督を務めてました。

内容やタイトルなどは未定となっており、
決まり次第発表となっています。

攻殻機動隊の漫画は歴史が長く、色々なパターンの
アニメが製作されてきました。

今月の7日には、遂にハリウッドが実写化した、

『ゴースト・イン・ザ・シェル』も公開になります。

攻殻機動隊は、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達によって、

人々が電脳でつながれている未来の社会を舞台にした作品です。

個人的にですが、初めてアニメ化された作品が一番好きで、

トー(素子の相棒?)が最後に叫ぶシーンが一番好きです。

コアなファンが多いこの作品。

実写化がどういう反響にでるのか楽しみです。

各社のトップが反省

新年度の始まり。

今日入社式の会社も多いと思う。

最近、不祥事や経営の問題が続く社会で

企業のトップ、官公庁のトップが

反省や信頼の回復を話しました。

去年、新入社員の過労自殺が労災認定された電通の入社式で

電通の山本社長は、

「多大な心配をおかけし、心苦しく感じている」と話し

「壁に直面し、落ち込むことや苦しいと感じることもあると思うが、
一人で抱え込むのではなく、周囲に目を向けて欲しい」

と、新入社員に向けて話しをした。

経営再建中の東芝は大規模な入社式を行わず、4月入社の大学からの
新規採用を中止。

来年から新規採用を再開するようだ。

天下りのあっせんが問題化した文部科学省の入省式では、

文科省は国民の皆さんの信頼を著しく損ねたが、
皆さんが萎縮する必要はない。理想、初心を忘れることなく元気に働くことを
期待する」などと話した。

昨年から続く問題や不祥事などを目の当たりにしながら

新しく社会に出る若者たち。

これを反面教師として成長して欲しいと思う。

指原莉乃が熱湯コマーシャル

HKT48指原莉乃さいたま市で行われた

「春の関東ツアー2017」で

以前公約としていた、

「コンサートで熱湯コマーシャル

を行ったんだって。

その日のコンサートで、ダチョウ倶楽部

映像が流されて、指原に公約の実行を求めた。

内容は、

「1位になったらダチョウ倶楽部さんに弟子入りして
熱湯コマーシャル』をコンサートでします!」

すでに9ヶ月もたっていて、いつ実行されるのか

周りも気になっていた。

そのダチョウ倶楽部の映像が流れた直後に、

指原はジッパーを歌いながらステージの上で水着に着替えた。

メンバーが運んできた熱湯風呂に入る前に

観客の1万5千人に向けて、

「今年も1位を取って水着でコンサートをするぞ!」

とアピールして熱湯に足を入れたが、

あまりの熱さにお湯の中に体を沈められず、

すぐに熱湯風呂から飛び出してきた。

今年1位になれば3連覇の指原は、

「また1位にしてくれるかな?」

と観客へアピールしていた。