読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろっちの雑談

ふつリーマンの備忘録

警察官が「だめだー!」と叫んだ後で起こった事

群馬県で起こった事故。

7日にトラック含め自動車11台が多重事故を
起した。

事故の詳細は未だ不明のままで、
車の窓から命からがら必死で逃げた女性が
当時の状況を語った。

警察官の声で「だめだー」と叫んでいる声が聞こえて
振り向いたら、大きなライトが迫っていた。

まったく止まる様子がなく突進してくる車に
女性は覚悟を決めて車の中で固まった。

女性は朝早くに、凍結してツルツルの路面の国道を
時速10キロで走行していた。

いつもの通勤経路。

目の前に事故を起したトラックが止まっていた。

引き返そうか考えていると事故処理中の警察官が
「危ないので、少し待っててください」と言ったあと
車を離れる間際に警察官が叫んだ。

だめだ!

車後方に衝撃を受けてからの記憶は曖昧で、

「衝撃は2回くらい。クルクルと回っていたような空をみたような」

気が付くと、前方のトラックから液体がこぼれていて、
焼け死ぬのだけは嫌だと思い、必死で助手席側の窓から
逃げた。

その後、トラックやら乗用車が自分の車に向かって
突っ込んでいくのが分かった。

女性は、

「あのまま中にいたら…。脱出できてよかった」

間一髪で逃げ切れた女性。

路面の凍結は本当に怖いですね。