読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろっちの雑談

ふつリーマンの備忘録

「鋼の錬金術師」実写化

ついに映画化ですね。

鋼の錬金術師

問題は鎧に魂を定着させていたアル(アルフォンス・エルリック
をどうやって実写化するのか!?

もちろんCGなのは分かっていましたが。

主人公のエドワード・エルリックを演じたのは
Hey! Say! JUMP山田涼介

簡単に物語を説明すると、

母が亡くなり錬金術で生き返らせようとしたが
失敗し、エドは左足、アルは肉体の全てを持って
いかれてしまいます。

そこでエドはアルを救うために右腕と引き換えに
魂だけ呼び戻し近くにあった鎧に魂を定着させる。

そして、エドの左足と右腕、アルの体を
取り戻す方法を探す旅に出るという内容です。

ハガレンは好きで全巻持っていて
何回も読み返しています。

キレイごとばかりではない。

生きていくには、辛いこと悲しいこと嫌なこと
でも、その中に、少しだけ善いこともある。

それを旅のなかで見つけていく。

最後に自分たちのために始めた旅が
いつしか世界を救うことになる。

そんな内容のマンガです。

実写映画は、豪華キャスト

エド役にHey! Say! JUMP山田涼介
ウィンリィは本田翼
マスタング大佐はディーンフジオカ
ラストは松雪泰子

実写できるのか不安でしたが、
製作のコメントを見て

すぐにでも観たい気持ちでいっぱいになりました。