読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろっちの雑談

ふつリーマンの備忘録

攻殻機動隊、新作アニメ製作開始

アニメーション会社のProduction I.G

攻殻機動隊の新作アニメーションの製作が
決定したことを発表しました。

今回の作品は、ゴーストインザシェル、スタンダードアローン
コンプレックス、イノセンス、ARISEに続いての最新作。

監督は、士郎正宗原作のアニメーション作品の監督を経験した、

神山健治氏で、氏はスタンダードアローンシリーズを担当し、

荒牧伸志氏は、アップルシードの監督を務めてました。

内容やタイトルなどは未定となっており、
決まり次第発表となっています。

攻殻機動隊の漫画は歴史が長く、色々なパターンの
アニメが製作されてきました。

今月の7日には、遂にハリウッドが実写化した、

『ゴースト・イン・ザ・シェル』も公開になります。

攻殻機動隊は、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達によって、

人々が電脳でつながれている未来の社会を舞台にした作品です。

個人的にですが、初めてアニメ化された作品が一番好きで、

トー(素子の相棒?)が最後に叫ぶシーンが一番好きです。

コアなファンが多いこの作品。

実写化がどういう反響にでるのか楽しみです。