読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろっちの雑談

ふつリーマンの備忘録

ありそうでなかった丸いスーツケース

長崎の元中学教員の立川さんが、

今までありそうでなかった丸いスーツケースを
開発しました。

「やっと来月から先行予約を受け付けられそうです」

と本人は語っています。

直径55センチ、幅34センチ、38リットルを収納できるケースの周りを
ゴム製タイヤが回る仕組みです。

中身が実は次世代のスーツケース。

でこぼこの道や階段でも引っ張れて、

タイヤの回転で発電や充電もできるシステムも搭載する次世代の
スーツケースです。

社会科の教師だった。20か国以上も旅行した立川さんは、
そのたびに不都合を感じた。

従来のスーツケースは4輪タイヤが雪に埋もれたり、石畳では
騒音を立てたりしていた。

ドイツからの帰国する飛行機で、
「丸い形のスーツケースがあればいいな」とひらめきました。

考案したデザインを動画に投稿すると大反響。

商品化に向けて15年かかり会社を設立。

販売価格を10万から7万円まで抑えることに成功した。

発売が待ち遠しいですね。

ゴールデンウィークまでに発売されるのかな?