読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろっちの雑談

ふつリーマンの備忘録

こじはる 卒業は文化

19日に29歳の誕生日を迎えた小嶋陽菜

AKB1期生から頑張ってきた秋葉原の劇場で卒業公演を
行いました。

これでAKB48の活動は幕を下ろしたことになります。

国内外450人以上のAKBグループのなかで

最後の昭和生まれが卒業してしまいました。

全員が平成生まれ。

昨年の6月総選挙のスピーチで、

「私、小嶋陽菜は、AKB48をやっと卒業しまーす!」と宣言。

公演中に峰岸さんが秋元プロデューサーからの手紙を代読し

小嶋陽菜様 君は手がかからないメンバーでした」の言葉だけで

秋元康総合プロデューサーの手紙だと気づいた小嶋は目頭を抑えました。

この日は、姉妹グループに移籍したメンバーや兼任のメンバーも含まず、

純正のAKBメンバーで出演したが、4曲目からは、卒業生の

高橋みなみが登場し、派生ユニット「ノースリーブス」が

結成されるきっかけとなった劇場公演曲「純愛クレッシェンド」を

唄いあげました。

たかみなは「にゃんにゃん、おめでとう!」と

誰よりハイテンションで祝福すると、

小嶋が「ファンの方はあちらへ」と雑にあしらう“お約束”で

お客さんも喜ぶシーンもあったそうです。

ついにAKB文化から昭和生まれが居なくなるなんて、

時代を感じますね。